日本語

日本人が何気なく使う言葉は、外国人にはずいぶん奇異に響くことがあるようです。たとえば、道で思いがけなく知人に逢ったとします。日本人はその時によく、「どちらへい
らっしゃいますか」とたずねます。外国人のうちには「おれがどこへ行こうと勝てではないか、おれの私生活に入ってくるな」と言いたくなる人があるかもしれません。

日本人がそういう質問をするのは、「この人にきょう、思いがけないところで逢った。この人に何か変わったことでも起こったのではないか。それならば一緒に心配してあげよう」という優しい気持ちからそういうのです。ですから聞かれた人は、簡単に「ちょっとそこまで」といえばそれでよろしいのです。

たずねた人は安心して、「ではどうぞお大事に」といって、それ以上聞こうとはしません。解放してくれます。そのような場合に、決して「子供の成績が悪いから学校へ呼び出されて行くんです」といったようなことを正直にいう必要は少しもありません。そんなことを答えたら、かえってたずねた人が困ってしまいます。

日本人は、知り合い同士は、お互いに相手のことを心配しあおうという気持ちをもって生活しているのです。