日本語の「すみません」

日本語ーすみませんsumimasen

日本語ーすみませんsumimasen

日本語の「すみません」は、とても広い意味で使われます。

「遅くなってごめんなさい」「ご迷惑をおかけして申し訳ありません」などと謝るときや、人の足を踏んでしまったり、ちょっとぶつかってしまったとき、また、人の横をすりぬけたりする時に「失礼します」という意味で使います。

そして、「ちょっと来てください」「どなたか、いませんか」などと呼びかけたり、「ちょっとお聞きしたいんですが」などというときも「すみません」と話しかけます。

それから、「どうもありがとうございます」などとお礼をお言うときにも「すみません」は使われます。いつでも使えるオールマイティーのことばです。けれども、何もかもを「すみません」で済ませてしまわずに、謝るときには、「ごめんなさい」、感謝する時には「ありがとう」もきちんと使えるといいですね。