日本人男性と女性

公の席では、女の人が男の人をさしおいてしゃべるということは、なおよくないというふうに考えられてきました。実際昔から日本の女性は、自分の意見はあっても、それは口にしないで目上の人のいうなりになるということが、最高の女性の徳というふうに考えられてきました。ですから上に立つ男性は、女の人の気持ちを考えて振る舞わなければなりません。