日本人の謝り

あやまり

日本人は、謝る場合に、ただ「すみません」といって頭を下げるそれだけの方がいい、弁解しない方がいいという考えがあります。それは、弁解するということは、自分は罪がないということを表すからであります。口数はなるべく少なく、深く頭を下げて悔悛の情がおもてに出るということ、これが最上のあやまり方とされております。